ばなな倉庫

自分用備忘録。主にアイドル。

付き合いたいジャニーズランキング2014冬

同じくAskから!この頃まだ伊野尾くん気になり始めくらいなんだな…今ならダントツ1位な予感しかしない。

以下2014冬のコピペ。

↓↓↓


付き合いたいジャニーズランキング〜(ドンドンパフパフ♪)

付き合うとなると結婚よりも夢見まくってるランキングになりました。こっちも情報不足などあるかと思います。ご了承ください。

10位 佐藤勝利(Sexy Zone)
年の差とか考えたらいけない。ザアイドルって感じのお顔立ちの彼を財力を持って甘やかしたい。それだけです。

9位 増田貴久(NEWS)
増田さんとおいしいもの食べに行きたい!彼のおいしいもの食べてるときの幸せそうな顔!隣で見たい!結婚したいランキングにかんでこなかったのは、なんか面倒くさそうだからです。ファンの方ごめんなさい!!

8位 岡本圭人(Hey!Say!JUMP)
ナルシストだと言われてネタにされているケイトですが、甘えたな部分結構あると思うんですよ!「はいはいわかったから」ってあしらって「も〜!聞いてよ!」のやりとりしたい。でへへ。付き合ったら絶対髪の毛伸ばさせないです。

7位 手越祐也(NEWS)
圧倒的王子様手越祐也。「俺かっこいいしょ?」精神にくたびれそうですが、ライブの最後で「ありがとう」って書かれたうちわ見て泣いちゃった祐也。そんな素直な面を彼女特権で見させてほしいのでランクイン。祐也も付き合ったら髪の毛伸ばさせません。

6位 伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)
悔しい!自担なのにこの順位なの悔しい!!
面白いし、妹いるからお兄ちゃん気質だし、トップにしようか悩んだけどここはジャニーズという修羅の世界。上がわんさかいる。怖い!
モーソーライブで照れちゃったのがすごく可愛かったので、全力で照れさせるスタンスで付き合いたいです。そして家ではのんびり2人で水曜どうでしょう見たい。
結婚したいランキングに入ってこなかった理由としては生活面がさっぱりわからなかったからです。もっと伊野尾慧ください!!!(TV各局に向かって)

5位 木村拓也(SMAP)
SMAP微妙に世代じゃないのか、キンキにはまってたからなのかよく知らない。なのにランクインしてくる木村拓也の恐ろしさ。
スコート力半端ないと思うんですよ。メンバー全員でUSJいく企画で、さっと運転席に座った姿gifでください。

4位 松岡昌宏(TOKIO)
わたしのタイプってよく言われるのが「なよなよしたチャラい茶髪」なんです。だから松岡さんは真逆のタイプにいるはず。けど、あの着いてこいよオーラ、一度は体験してみたい!男らしさ学ばせてください兄貴!という気持ちでのランクインです。

3位 錦戸亮(関ジャニ∞)
ツンデレしてほしい。以上です。

2位 山田涼介(Hey!Say!JUMP)
よかった〜〜〜。自担上の方にきてよかった〜〜〜〜。
ビジュアルが群を抜いて好みなのは言うまでもない。金髪銀髪も似合っちゃうってなんなの?
こまめに記念日とか覚えててくれそうなイメージなので、サプライズやってほしい。
あどけなさが徐々に消えてきてかっこよくなってきているのを見ていたいです。そしてかっこよくなった山田涼介をいちご狩りに連れていってメロメロにしたい。

1位 松本潤(嵐)
堂々の1位ですよ、ええ。
スコート力もあり、サプライズ大好きそうだし、ドキドキさせる術を一から十までやってくれると思うんです。こちらの心臓が持たない!やめて!ってなるくらい。ファッションセンスが謎なこともありますがそんなこと許す!!松潤も付き合ったら髪の毛以下略です。

この夢見すぎなランキング!結婚の方より恥ずかしい!!

結婚したいジャニーズランキング2014冬

Askに埋れてた去年の冬のランキングを折角なのでブログに持ってきました。ただそれだけ。

この頃よりも少しは他のグループ情報詳しくなったはずだからまたやりたい!


以下2014冬のコピペです。

↓↓↓


まず初めに、情報不足なのにランキングに入れてる方もいるので「そうじゃねーだろ!」ってなることもあるかと思います。ご了承ください。あと既婚者の方もランキングに含めました。夢見たっていいでしょ!!!!

本気で考えたランキング。発表していきます。

10位 井ノ原快彦(V6)
V6さんのエピソードよく知らないんですが、昔のテレビとか見てて笑顔が印象的な井ノ原くん。
きっと優しさを実体化したら井ノ原くんなんじゃないかな。そしてこのランキングで重要なのは"兄弟構成"です。井ノ原くんは、姉・妹・弟。真ん中っ子で、なおかつ下も同性異性両方。ということはわがままにも対応出来るし、優しく諭したりすることもできる。最強のお父さん。しかしあの笑顔を一生隣で見れるってどれだけの徳を積んだら許されるのか……。

9位 生田斗真
入れるか入れないかめっっっちゃ悩みました。だってかっこよすぎる。こんな人が結婚相手だったら一緒に出掛けるとか罰ゲームですよね?毎日が罰ゲーム。でも自慢したいじゃない…!「え?あれわたしの旦那だけど?」みたいな顔したい…!!それと同時にマストで行わなければならないセキュリティ対策。絶対1人のときに嫌がらせあります。それから逃げる日々。毎日がメタルギアソリッド。罰ゲームでメタルギアソリッドという、このデメリットにも打ち勝つ生田斗真のかっこよさってすごいよね……。

8位 村上信五(関ジャニ∞)
害がない。
♪やることなすことハンパねぇ

7位 山口達也(TOKIO)
TOKIOのなかでも山口達也くんを選んだのは肉体です。なにかあったら助けてくれる心強さ。むきむき。あと一緒に家庭菜園したいなあ。してるうちに畑になったっていい…。将来は農家。足腰には自信あるよ!!虫嫌いだけど山口くんなら笑って許してくれそう。あのくしゃって笑った瞬間プライスレス。

6位 安田章大(関ジャニ∞)
やすは「なんとかなるよ」を「一緒になんとかしよう」って言える人だと思うんです。その言葉がすらっと自然に出せる人ってなかなかいない。昔∞にハマってたときに、限られた予算の中どうしても欲しくて買ったやすの写真は今でも忘れないです。かき氷をあーんしてくれてるやつなんだけど、本当に優しい顔で「美味しいから一口食べてみ?」っていうやすの声が聞こえてくるようでした。やすと結婚したら色んなこと共有して生きていけそう。

5位 宮田俊哉(Kis-My-Ft2)
ここでまさかの宮田くん。あまりキスマイさん知らないんですが、どうしても入れたかった。もちろん趣味が似ていることも一因ですが、バラエティ番組で趣味を恥ずかしがったり、他者に嫌味っぽいことを言われてりしても嬉しそうに喋る姿を見たときに輝いて見えました。ふと見せる真顔がちょっと怖いですが、きっとお互いに干渉しすぎずに過ごして行けると思い選ばせてもらいました。ラブライバーに悪い人はいない、と思う。

4位 知念有利(Hey!Say!JUMP)
唐突にJUMPからゆーりがランクインです!
井ノ原くんのときに兄弟構成が大切と言いましたが、血液型も参考にしてます。ゆーりはAB型。メイキングや番組を見ていても、露骨にわかるゆーりの興味がないタイミング。かなり顔に出るタイプだと思うので、これはマイナスポイントになる人もいるかもしれませんが、私はウエルカムです。なぜなら私もそうだから。見てすぐ分かった方が楽だと考え、ゆーりを4位にしました。年下で弟気質ですが、7(Hey!Say!JUMP内の年下組)の中ではまとめ役でもあるのでカワイイ顔して頼れる男。難点は自分可愛いアピールだけです。

3位 大野智(嵐)
大野くんは悩みました。私も釣りが好きで結婚したら一緒に行きたいという気持ちがあるんですが、きっと大野くんは1人で行くほうが好きだと思う。なので折角のオフも一緒にいられない可能性が高い。束縛はないけど自由度が高すぎる生活。それでも、メンバー同士で喋ってるときにしか見ないあのゆるい笑顔を自分に向けてほしい…!そういう欲からの3位です。

2位 相葉雅紀(嵐)
ようやく自担の登場です。私生活が謎と言われている相葉。この間の風間くんとのやりとりを見ていると、鍵を友達にすぐ渡したり運転は任せきりで後部座席に座ったりなど自分と共通している点が多々ある相葉雅紀。似た者同士すぎてうまくいくかはわかりませんが、風間くん羨ましい〜!となったこの気持ちは止められない止まらない。このランキングの中では1番アイドルのファン心理で選んだ人選だと思います。

1位 中島裕翔(Hey!Say!JUMP)
「自担じゃないのかよ!」という声が聞こえてきます。自担を抑えて堂々の1位となった中島裕翔。この選択に疑問を持つ人にJUMPのメイキングやJUMPartyを見ていただきたい。彼はどんなに些細なことでも相手を褒め、労わる言葉を忘れません。たとえ身体測定で走るタイムが遅かったメンバーがいても「今の○○よかったよ」と言える優しさ。
そしてメインと思っていた場から後列へ下がった挫折、そこからの気持ちの切り替え、そしてムードメーカにという経緯を持っている裕翔。ギクシャクした時期もあったけれど、今は自分にできることをと頑張る彼を支えたい。ガチです。ガチ人選。

以上が結婚したいジャニーズランキングでした。結婚したいとなるとランキングにするのすごく時間かかりますね…。そして自担がそんなに入らない衝撃の事実。
フォロワさんのじゃにおたのも聞きたい!やりましょう!!

追記
ひな好きです。

夏フェスにHey!Say!JUMPを出すなら?

Askでいい質問をいただいたのでブログにまとめました。しかし難しかった。


いただいた質問はこちら↓

JUMPが夏フェスに出るとしたらどんなセットリストを組みますか?(持ち時間を60分、ステージは野外、JUMPヲタ以外もステージを見ると仮定する。)


夏フェスの持ち時間が長めなので、いくつもステージがあってタイムスケジュール見ながら好きに移動できるやつだとして考えました。


時間帯は18:30-19:30です。夏の青空だけでもJUMPは似合うので真昼間も考えたのですが、野外の特権・サンセットのJUMPも捨てがたかった…!

場所はフジの…うん…あの既存の…ま、まあ星空が綺麗なところでやりましょう!


セットリストにいきます。

ウィークエンダー

いやもう決まりですよ。これ以外にない。

Hey!Say!JUMPが来たぞって知らしめてほしい。

タイムスケジュールがあるのでもちろんファンも、そうでない人もいるかと思います。この曲でグッと心を掴む!「へー、ヘイセイジャンプって可愛い系の曲だけかと思ってた」勢を「なんかクセになるねこの曲」と掴もう。


②JUMPingCAR

これは悩みました。やっぱり私がファンなので欲目をなくせなくて、これは本当に万人受けするのか未だにわからない。わからないけど、盛り上がると信じてエントリー。合間の\FuFu/はファンがなんとか盛り上げて周りを巻き込んでください。あと、あの横にカニ歩きみたいなダンスで女性の心、掴んでください。


〜MC〜

軽く挨拶・自己紹介

「次は盛り上がる曲行きますよ〜!お酒飲んでる人はどんどん飲んでさらに盛り上がっちゃって!」って侑李が次につなぐ。


③Farewell(バンド形式)

ここで最初からステージ上に用意してあった楽器を使います。「えっヘイセイジャンプって楽器やるんだー」ってとこから「弾いてる姿…かっこいい…ね…?!」「ドラムの子ちょうかっこいーじゃん〜!」といきましょう。Hey!Say!ギャップを見せつけるJUMP。


④DISCO JOCKEY

夕暮れとともにきました、初見でも楽しめるC&RのDISCO JOCKEY。「声出してこーぜ!」というダイキアリオカの掛け声とともに始まり、日が暮れはじめたということでボルテージも上がります。「I say DISCO,You say JOCKEY.DISCO?」\JOCKEY/で盛り上がらないわけない!照明もちょっとDISCO風に派手にいきましょう。


⑤Aino Arika

UMPと悩みました。「野外であいあり…?」と思われるかもしれませんが、夕焼けバックにあいありを踊るJUMPが見たい!揃ったダンスで観客を魅了します。


⑥Star Time

完全に日が落ちた頃にStarTimeガツンと一発。しっとり歌い上げます。「星が綺麗だから、僕たち見てなくてもいいよー!(伊野尾くん)」「いや見てもらおうよ!(涼介)」で伊野尾くん、バッチリ観客のハート掴みましょう。夏の星空の下でStarTime歌うJUMPを見たら多分泣きそう。


〜MC〜

野外の感想と挨拶。

「こんなに楽しいフェス、このまましっとり終わるわけにいかないでしょー!(ダイキアリオカ)」「でしょ!(ゆーと)」って感じで次へ。


⑦明日へのYELL

タイトルからも、タオル曲ということからもこれは最初からラストに持ってこようと思ってました。「タオル回せー!(光)」で煽りつつ盛り上げて終わってほしい。

「ありがとうございました!Hey!Say!JUMPでしたー!!」


あーーーーJUMP夏フェス出よう。夏フェスじゃなくてもいいから、野外やろ。青空の下のJUMP見たい。

でもこれ難しかったです…ファンじゃない人にも見てもらえるように、ってすごいハードル高いですね…。本当はCome back…?とかかっこいい曲入れてギャップ入れたかったけど「それでファンじゃない人は盛り上がるのか…?」って思ったら入れられなかった…。悔しい…。もっといい組み方ありそうだなー。

他のJUMP担の方、もっとなにかありましたら見たいのでドシドシやってみてください!!

カラフト伯父さんの感想、伊野尾慧の魅力

今までなにかイベントごとがあっても、誰かの感想を見て「ああ〜そうだったそうだった!分かる〜!」と共感して終わっていた私がブログを開設し、感想を書くまでに至った舞台。

それが自担(Hey!Say!JUMP 伊野尾慧)の初舞台で初主演の『カラフト伯父さん』だったことを誇りに思うとともに、拙い言葉で私なりの感想を書き連ねていきたい。

この記事を読むにあたり、私が昨年からのファンであること、過去のインタビュー記事などを振り返り見ていないことを念頭に置いていただけたら幸いです。また、このことでJUMPファン並びに伊野尾担の方の気分を害してしまったらすみません。先に謝っておいたので、読んで気分が悪くなられても責任は取りません!!

 

1.演者としての伊野尾慧について

舞台を見る前、グッズの列に並びながら私は友達にこう言ったと思う。

「あ〜緊張してきた!どうしよう!」

この緊張は『自担に会えちゃう!ドキドキする!』の意味で使っていたのだが、そんなドキドキは舞台が始まってすぐに消えていった。

確かに、最初にトラックから降りてきた姿を見たときは、席が舞台下手側前列だったため「近い!」「背大きい!」と心の中ではしゃいでいたのは事実。しかし、コンビニ袋を片手に自分の家を見渡しため息をついた彼を見た途端に「ああ、これは私の知っているキラキラな伊野尾慧じゃない」と頭を殴られたほどの衝撃を受けた。

冒頭は、カラフト伯父さんが家に来るまでの間、徹(伊野尾慧の役名)がため息をつき今の生活に希望も何もないといったような演技をするシーンとなっている。そのシーンで徹は、トラックを気だるげに降り勢い良く戸を閉めたり、何度スイッチを入れても点かないストーブを蹴飛ばしたりと、自分の生活の一部に対しても苛立ちを隠しきれない行動をとる。そして、カラフト伯父さんがやってきて徹に「久しぶりだなぁ!元気だったか?」と声をかけても無視をし続けた後に、ようやく初めて徹が口を開く。

神戸弁の大きな怒号が劇場に響き渡る。

その瞬間、本当に目の前で演技をしているのは伊野尾慧なのかという焦燥感を覚えた。

私は彼が演技している姿を見たことがなく、また観劇も初めてであったため、生の演技の迫力に完全に気圧されてしまっていたのだと思う。

その後も、カラフト伯父さんに掴まれた腕を振り払う際の表情、最終的にカラフト伯父さんに激昂し掴みかかって糾弾するうちに段々と本音が出てきて泣いてしまうまでの流れ、最後にわだかまりが解けてはにかむ笑顔と、見たことのない姿をそりゃあバンバン見せられる。

しかし最初に感じていた焦燥感は物語が進んでいくにつれて徐々に薄れていき、劇場が明るくなった時には幸福感と充実感で心が満たされていた。

初舞台初主演にして、寂しさに覆われた街で孤独に暮らし、この環境を作ったカラフト伯父さんを憎みつつも、その反面で歳は重ねたけれど心は子供の時のままヒーローであるその人を求めているという役を演じきった伊野尾慧。

幕が下り、拍手喝采の中現れて笑顔でお辞儀をする彼は、舞台に関するインタビューで『新しいことに挑戦するのは嬉しいし楽しい』『いつもと違う姿を見せたい』と答えていた全てをやってのけた誇らしげな笑顔にも見えて「ああ、この人を見つけてファンになれてよかった」と思わせてもらえた。

 

2.カラフト伯父さんという舞台について

はじめに、私は舞台というものを見たことがないです。そして記憶力が悪いのでセリフなど違うところがあるかと。

舞台は震災後の街。もちろんセット組されている徹の住む街工場も寂れておりその雰囲気が滲み出ている。けれど私がその街の雰囲気を詳細に脳内に描くことができたのは「この街は静かね。誰もいないみたい」という仁美(カラフト伯父さんの愛人)の言葉と、窓や玄関から差し込む朝日や夕日の光があったから。

私が想像していた舞台は、物の配置などを暗転の間に少しずつ変えて場面転換をするもの。だから、劇場内に入ってまず「こんなガッチリした設定のセットで、しかも演者は3人でどうやって展開していくんだろう」と不思議に思っていたのだが、結果終わってみれば世界観に惹きこまれていた。

徹が1人取り残されていた、静寂に包まれた街。そこにカラフト伯父さんと仁美が押しかけてきたことによって、徹の日常が喧騒に包まれ、そして止めていた徹の時間が嫌でも進むことを日の光の変化で表しているのかなあと。

また震災の経験から布団に寝転がって寝ることができず、トラックの中で毛布に包まって寝ている徹。中盤でカラフト伯父さんに「なんでそんなところで寝てるんだ」と聞かれ「関係ないだろ!」と一喝し毛布をカラフト伯父さんの元へ置いたまま走り去る徹。最後のシーンではその毛布を徹自身が物干し台に干す。この流れで毛布が徹の孤独の象徴として扱われていて、最後にはその孤独から脱却したんだなと感じ、思わず涙が。雪もずるいよなぁ。

もちろん全編通すと、カラフト伯父さんはとても自分勝手な人で徹も仁美も振り回されつづけているし、『ほんたうのさいわい』といって母親の死を綺麗なものにし、徹を1人にしたのも許せない面もある。

だけど、カラフト伯父さんの言い分もわからなくもないところがなんとも現実味溢れるなあと。ああいうお父さんって多いんじゃないかな。

 

とりあえず2回目の観劇前に書いておきたくて、雑な記憶で自分の記録として。前にtwitterでもツイートしたけど、この舞台を舞台の知識もなく、伊野尾慧の演技力も知らず、あらすじさえよくわかってないまっさらな頭で見られたのは財産だった。2回目は細部まで覚えてられるといいな!

あと!!!声を大にして言いたいことが2つ!!!伊野尾慧に「バナナ」ってセリフをありがとうございます!!!運転シーンをありがとうございます!!!!!

ドンドンドン パフパフ〜♪