ばなな倉庫

自分用備忘録。主にアイドル。

KAT-TUN 9uarter見ました。~はたして私は9uarter出の中丸くんさん担なのか~

いやーーーー。あんな「私の伊野尾くんはここから」とかそういう記事アップした後にくる記事がこれとは。DDとは私のことです!人生楽しい!!フウーーーー!!

私だって、まさかこんなにKAT-TUNに魅入るとは思ってなかった…思ってなかったんですよ…。9uarterを買ったのもKAT-TUNさんのレーザー・特効演出を一目見てみようかな~くらいの軽い気持ちだったんです。それがまさかこんなことになるなんて…。(20代成人女性)

見てくださいこの呑気さ。この人、このあと本編最中はでメンカラ気にすることが出来ないほど夢中になっちゃうこと分かってないんですよ。ちなみに、本編⇒ビジュアルコメンタリー⇒ソロアングルの順で見て、ソロアングルの時に息絶え絶えこの遊びをようやくできたんですが、最初のイメージとメンカラ違いすぎて上田くん見るつもりが亀梨くんであたふたしました。亀梨くん紫っぽいのにピンクなんか~~い!まあでも今はもうピンクで納得した。

ざっくりと本編Disk順に当時のツイートを掘り返しつつ振り返ります。

ちなみにこの円盤を見るにあたって、フォロワーさんから得ていた情報は『ペペ』と『春夏秋冬の田口くんの笑顔で世界壊れるよ』、『亀梨くんの乗ってた籠、上田くんが燃やすよ』の三点だったことを記しておきます。見る前はKAT-TUNのライブって何が行われてるんだ!?と混乱しかなかったですが、確かに見終わってからこう並べると「そうだね」の一言ですね。すごい的確。

 

 ~~~

つい先日までHey!Say!JUMPのコンサート三昧だったので、overtuneって何するんだろう…?映像だけかな…?と思いながら見ていたら中丸くんさんが「まずは俺たちの名前コールしてみろ~」と。なるほどKAT-TUNさんは名前コールがあるのかーいいなーと眺めていると、じゅんのコールでいつもニコニコ田口くんが爆イケな顔して指クイやってる…!!!なにこれ田口くんってこんな顔するんですか?!?!と開始早々パニック。

そして私の感情が落ち着かないままに、KISS KISS KISSが始まってしまう。もちろん直前に田口くんの新しい表情を見てしまった私はこの曲でも田口くんから目を離すことができず「田口くん頭身おかしい」とツイート。そして惜しみなく使われる火薬とレーザーに「こ、これが噂のKAT-TUNレーザー…」と完全にKAT-TUNさんの世界に圧倒されている。RACE GOES ONでは歌いだしの田口くんの歌声が意外に低音でまたしてもギャップを見せつけられた。だって「入り口、出口、田口で~~~す^ー^」の田口くんもっとホンワカしてた…!!LIPS最初の亀梨くんは最高に亀梨くんでドキッとするよりもギャップがなくて安心しました。もうここらへんで大混乱なことがうかがえる。

そしてJapanesqueへ入る前のツイートはこれである。

このブログの流れだと「田口くんやろ?」って思われるかもしれませんが、なんとこれ、田口くんと中丸くんです。中丸くんさん、どこで出てきた???いや、いや違うんですよ…。私円盤を見る少し前くらいに、中丸くんさんのDFEについて書かれているブログを紹介してもらい読ませていただいたんですよ。それを読んでいたので、登場から煽り、KISS KISS KISSが始まっても無表情で踊り続ける中丸くんさんから目が離せなかったんです。BIRTHでトロッコに乗りながらドゥドゥドゥ♪みたいな音に合わせ、軽快にリズムに乗っていても笑ってないんですよ…。初見の私には無表情に見えたけど、あれは笑ってたのかな…。今も分からないのではやくKAT-TUN担の先輩と一緒に見たい。

そして円盤見る前から気になっていたJapanesqueコーナーへ。

KAT-TUNの世界一タメになる旅は録画して見ていたので、この般若から亀梨くんをやっと生で見られて嬉しかった。しかしここでもやっぱり「いやー亀梨くんは最高に亀梨くん」という感想。お前は亀梨くんの何を知っててそんな感想なんだよ…。

このコーナー『刀剣乱舞だよ』と聞かされていましたが、想像を超える刀剣乱舞。上田くんとかもうゲーム内にいるんじゃない???何度でも言うけど、イケメンと和洋折衷衣装にブーツ、刀とかオタクの好み織り交ぜすぎでもうキャパオーバーに好きしかない。あと、このコーナー見ててもう一つ思ったことがあるんですが、あの四角い箱から蛇腹状のメタリックな紙が出てくるやつ、ジャニーズ特許のなにかなの??これJUMPの過去の円盤でも見たことあるけど、唐突に箱持ったと思ったら紙を延々出してきて「!?」ってなったんだよね…また再会するとは……。

そして燃やされる籠。割れるモニター。

う、上田くん……!後から聞いた情報ですが、上田くんこんなに煙草似合うのに吸ってないんだね…ギャップ…すごいヤンキーイメージなのに…。もうこの頃にはイヤモニが頭から生えてるみたいなのも可愛く見えてくる。そして同時にKAT-TUN世界に当てられて狂い始めたのがツイートにも出てくる。

大丈夫か…………?

亀梨くんのご先祖様ライブ登場。そのくらいの衝撃があったんだね…いま読み返しても「うーん…まあ…確かに」と思っちゃうあたりヤバイ。そして驚くことに、円盤を見ながら亀梨くん上田くんに言及するのはここが最後だった…。ここからは本当に中丸くんさんと田口くんから目が離せなくなり、一人ソロアングルしてたと言っても過言ではない。円盤なのに。

Rockコーナーも終わり、&FOREVER。KAT-TUNといえば、ガンガンのカッコイイ曲イメージだったのでこの曲聞いた瞬間キラキラソング&バラード大好き芸人の心は躍りました。こんな曲もあるんじゃないですか…!KAT-TUNの先輩こういう曲もっと聞きたい!!あとこういう曲なのに、トロッコからぴょんって飛び降りてくる上田くん少年かな。あ、上田くん見てた。ここだけじゃなくて後半でもセンステでピョコピョコ跳ねてる上田くんが見た気がするんだよね…跳ねるの好きなのかな…。うさぎさんかな……。

で、この流れからの春夏秋冬。まずメインモニターが分割するのにも驚いたんですよ。メインモニターのこんな使い方があったのかーーー!分割してでてくるのはセットの骨組みなんですが、それすらセットなのかな?と思わせるくらい自然な感じ。かっこいいなぁ。仕掛けに気をとられていたら、噂の頬づえ田口くんですよ。ええ。しかも事前情報では頬づえだけだったのに、バーンもしてたんですよ。どう思います??KAT-TUNのパブリックイメージからかけ離れ過ぎてて、こちとら心臓が持ちません。しかもその後も田口くんは歌詞に合わせて手でフリをしている。クゥーーー(ジョンカビラ)。そんな田口くんから中丸くんへ視線をうつすと、至って冷静だった。中丸くんさんだった。欲張りなオタクだから、ここのソロアングルも欲しかった…ッ!!NOTHING ELSE MATTERS聴いて思ったのは、KAT-TUNさんって高音綺麗だなーと。全員音域広いのかな?耳が馬鹿なのでちょっと詳しいこと分からないけど。

そしてついにかっこいいKAT-TUNのMC!タメ旅で4人が喋ってるのは聞いてるはずなのに、MCとなると想像がつかなくてワクワクドキドキしながら待機。そしたら乳首がお母さん似の話。わ、わあ~アダルトぉ~~~!!JUMPちゃんの平和(業務連絡)MCに慣れてたから衝撃でした。しかしMCに入ってようやく中丸くんさんの笑顔を見られて安心した。笑うよね…よかった…。あと想像よりも亀梨くんと上田くんがはしゃいでて可愛い。

亀梨くんプロデュースショットグラスの話題。亀梨くんが買った個数を盛って報告した流れで

田口くん「倍も盛ったのぉ?チョットグラスじゃんそれじゃあ」

上田くん「田口ぃ、お前おもしれーなぁ~~~!」

中丸くん「ま、みなさんもね、記念に1ついかがですかっていう話でした」

ちょうドライ。だってこの田口くんのチョットグラス発言の時も完全に田口くんに背を向けてた。中丸くんさん…!でもこのしっかりした司会進行役すごくいいなあ。安心してMC聞いてられるもんな…。

中丸くん「田口のギャグってさあ、面白い、面白くないの前にイラつく」

田口くん「イラつくのかぁ~^ー^」

田口くん天使かな。天使田口くんはアデュと爽やかに去っていく。

 

Digitalコーナー。ここのリミックス?ちょっとなんていうアレンジなのか分からないんですが、4曲をつないだり重ねたりする演出斬新だった…。私は全曲は知らないけど、4曲全部知ってるファンの方からしたらすごく楽しい演出じゃないかな~いいな~!光る手袋(もっとかっこいい言い方ありそう)の曲では思わず防振双眼鏡覗きたくなるのをぐっとこらえた。会場にいて防振で見たらあのくらいの暗さでも誰がどこにいるか分かるのに…!!

サクサク行きますShuffleコーナー。ここまで一人ソロアングルしてた私にとって、こんなにずっと中丸くんさんを見ていられるなんて贅沢すぎる…!と顔じゃなくてマイクだったり蝶ネクタイをガン見。「みなさんが静かにしなかったせいだ」とかここで出せるのって、自分のキャラクター把握しててうまく使ってるんだろうな~。特技のボイパを文字にして親しみやすくっていったら変だけど、字幕にして楽しませるエンタテイメントも盛り込んでて…もうなんというか…会場で褒めたかった…!!私なんかが褒めたってなにも残らないと思うけど!!!ペペ!!!!!

大忘年会リターン(?)はさいっこうに面白かったです…。まずフルメンバー登場してからの下りね。

中丸くん「ヘイ、ワッツァメーーン?」

亀梨くん「……」

上田くんちょっと笑ってる。

田口くんニコニコ。

これね。田口くん天使かなPart2です。そりゃ隣で田口くんがあんなに朗らかに笑ってたら、つられちゃうよね上田くん。わかる、その気持ちわかるよ。

ボタンを押すまで延々ボケ続けるKAT-TUN。こんなにかっこいいのにボケちゃう。

いいのに!かっこいいからそんなボケを模索しなくていいのに!!でも美味しいからもっとやって!!そして田口くんの「キー一個下げて!まだ高い、もう一個下げて!あーこれいつものいつもの^ー^」かーらーの、中丸くんソロを完璧に歌って踊りあげるパフォーマンス。田口くん、メンバーのソロなら歌って踊れちゃうの…?KAT-TUN大好きなんですか…?教えてKAT-TUN担の先輩。

ありがとう、キラリトは先述のように曲調的に大好きだったんですが、キラリトの中丸くん田口くんの歌声の重なり方が好きすぎてですね。これだけ何回見たかわかりません。センターで向かい合って客席の方へ向きなおすときの、田口くんの満面の笑顔と中丸くんの口角だけ上げる笑顔のコラボ。最高。

 

そして事件が起きます。伊野尾くんに落ちたときも事件が起きてたから、大体人は落ちるときに事件が起こる。

それがこちら。

後に友人にも言われましたが「会場で双眼鏡を使ってたとかなら分かるけど円盤でそれはヤバイ」。その通りで、自分でも何が起こってるのかわかりませんでした。ずっと中丸くんさんの鏡もってる映像見てた。こわい。でもここまでのことをしておきながら、まだこのときは好きだと自覚するまでに至りませんでした。

この後のRAYでの炎やレーザーのすごさに圧倒されるからです。

KAT-TUNハンパねえ。想像を軽く超えた演出でした…あれは会場で見たら圧倒される…。エンドレス炎とレーザーじゃん…本当にそういう舞台装置の会社と提携してドンドン使ってほしい…。演出と言えば、最後のエンディングを見ていて、中央に据えられた長方形のステージの意味を知り鳥肌が立ったなぁ。4人がそれぞれ使うムービングステージをつなぐのがハイフン(ファン)ってすごくいい演出だし、その考えに至って実行するKAT-TUNが素晴らしい。いいなぁ。

~~~

 

こうして私の初*1KAT-TUNコン円盤視聴は終了しました。

次にコンサートがあったら絶対入ってみたいし、次と言えば10周年になると聞いているので、ファンの方々のご迷惑にならない程度にはしゃぎたい。節目の年だからお邪魔するの悪いような気がするけど、節目だからこそ見てみたい…。

まずはこの円盤をKAT-TUN担先輩と一緒に視聴して色々ご教授願いたいので早くそういう会を開催したい次第です。わくわく。

 

ちなみに、ビジュアルコメンタリーで右側のソファ(中丸くん、田口くん)から目が離せない現象とソロアングルでようやく「KAT-TUNなら中丸くんさんなんだな…好きだな…」って自覚しました。遅いな!

次ツアーまで待てそうにないのでカムヒア円盤買うつもりです。他にもお勧めあれば教えてください。

 

アデュ!

*1:昔に海賊コンセプトのを一部見てますが、全編見るのは初